和歌山市感染症情報センター

Wakayama City Infectious Disease Surveilance Center
海外で注意すべき感染症
海外旅行には、渡航先と日本との時差・気温差、長時間にわたる飛行、現地でのハードスケジュール、飲食などの影響により、体調を崩す要因が多くあります。 滞在中は大丈夫でも、帰国後に体調を崩される場合もあるでしょう。
海外滞在中に感染症にかかることなく、安全で快適に旅行し、帰国することができるよう、海外で注意すべき感染症及びその予防対策について情報提供します。
1. 感染症に備えましょう!

[1] 出発前
 ・渡航先でどんな感染症が流行しているか調べましょう。 → 厚生労働省検疫所ホームページ
 ・予防接種で防ぐことができる感染症を確認しましょう。  種類によっては、数カ月かかる場合もあります。余裕をもって相談しましょう。
 ・虫除けや服装など感染を防ぐ持ち物を確認しましょう。
 ・体調が悪いと抵抗力が落ちることから、出発前から体調を整えておきましょう。

[2] 旅行中に注意する事
旅行前 出発前から体調が悪いと抵抗力が落ちることから、出発前から体調を整えておきましょう。
予防接種で防げる病気は、接種を検討しましょう。
旅行中 食品・水 飲料 水は必ず沸かして飲むか、ミネラルウォーターを飲みましょう
乳製品 搾りたてのミルクやお手製の乳製品を口にするのはやめましょう。
野菜 生野菜は避け、火を通したものを食べましょう。
果物 皮をむいてすぐ食べましょう。
長時間放置されていると思われるカットフルーツ等は食べないでおきましょう。
魚介類・肉類

充分に火の通ったものを、熱いうちに食べましょう。生や半生は避けましょう。

蚊・昆虫 蚊に刺されないようにしましょう。
虫除け剤や蚊取り線香を積極的に利用し、長袖や長ズボンの着用を心がけてください。
動物 動物(特に野生動物)はどのような病気を持っているかわかりません。 むやみに動物に触るのはやめましょう。
食事前、トイレ後等は手洗いをしましょう。
性行為

不特定の人との性交渉は避けましょう。 性交渉をもつときはコンドームを正しく使用しましょう

寄生虫 川や湖、沼などの水辺には寄生虫が見られます。 淡水での遊びやスポーツは、注意しましょう。

[3] 旅行後に気をつけること
帰国後 検疫所で健康相談を受け付けています。マラリヤやデング熱などの検査も行うことができますので、積極的に利用してください。
かかってもすぐに症状が現れるとは限りません。帰ってしばらくしてから具合が悪くなることもあります。熱や下痢など具合が悪くなってきたら、速やかに医療機関を受診するか、検疫所や保健所に相談してください。
その際には、旅行先や滞在期間、飲食状況、渡航先での職歴、家畜や動物との接触の有無などについて必ず申し出てください。
2. 海外で注意すべき感染症
海外で注意しなければいけない感染症一覧
主な
感染経路
注意すべき
病気
主な
発生地域
滞在地域 主な症状 予防方法

リゾート
観光地

都市部

地方の
町や村

森林・原野 発熱 下痢 その他 予防接種 その他
食べ物
E型肝炎 世界各地   倦怠感
黄疸
  十分火の通った食べ物を食べる
生肉は食べない
A型肝炎 発展途上
地域
    倦怠感
黄疸
十分火の通った食べ物を食べる
生水は飲まないようにする
赤痢 発展途上
地域
 
ときに
血便
激しい腹痛  
腸チフス 発展途上
地域
 
持続する
高熱
倦怠感
比較的除脈
 
コレラ 発展途上
地域
   
大量の
水様
嘔吐
下痢による脱水
 
ノロウイルス 世界各地   激しい嘔吐
下痢
  十分火の通った物を食べる
二次感染に注意する
事故
ケガ
破傷風 世界各地     飲みにくい
しゃべりにくい
野生動物との接触を避ける
転倒やケガに注意する
マラリア 熱帯
亜熱帯

夜間

夜間

高熱
周期的
悪寒
冷汗
予防薬
(飲み薬)
夜間外出を控える
蚊帳の使用
虫除けローションの使用
長袖・長ズボンの着用
デング熱 熱帯
亜熱帯

日中

日中

日中
 
高熱
  目の奥の痛み
筋肉
関節痛
発疹
  虫除けローションの使用
室内での蚊取り線香の使用など
日本脳炎 アジア    
高熱
  昏睡
意識障害
頭痛
水田地域など田舎に出かける人は
予防接種を実施する
黄熱 アフリカ
南アフリカ
   
日中

日中

高熱
  頭痛
筋肉痛
悪寒
嘔吐

発生地域
では
虫除けローションの使用
長袖・長ズボンの着用
ウエストナイル熱 北アメリカ
アフリカ
中東アジア
  頭痛
筋肉痛
倦怠感
   
チクングニア熱 東南アジア
南アジア
アフリカ

日中

日中

日中

高熱
  頭痛
筋肉痛
発疹
倦怠感
関節痛
関節腫脹
  虫除けローションの仕様
長袖・長ズボンの着用
室内での蚊取り線香の使用など
ジカウイルス 中南米・カリブ海域
アフリカ 
アジア
オセアニア太平洋諸島
    発疹
関節痛
関節炎
結膜炎
 
動物 狂犬病 世界各地   治癒した
受傷部の痛み
知覚過敏
怖水
怖風症状
むやみに動物に触らない
予め予防接種を受ける
犬等からの咬傷後、ワクチン等接種
鳥インフルエンザ 東南アジア         呼吸器症状   鳥類との接触を避ける
手洗い、うがいの実施
中東呼吸器症候群
(MERS)
中東地域    
倦怠感
筋肉痛
  咳等症状のある人との接触を避ける
ラクダとの接触を避ける
麻しん 南北アメリカ大陸
大韓民国以外の
世界各地
主にアジア
アフリカ

高熱

乳幼児で
は 多い

鼻水
結膜充血
発疹
 
ポリオ 南アジア
アフリカ等
      麻痺  
性行為 HIV 世界各地   無症状
日和見感染
  不特定の人との性交渉はさける
コンドームの正しい使用
他性感染症

無症状
炎症

沼や
湖河川
レプトスピラ 世界各地         悪寒
頭痛
筋痛
腹痛
結膜充血
  淡水(川や湖)での水遊びを控える
  寄生虫症 世界各地         衛生的な食堂での食事
こまめな手洗い
最も注意をしなければいけない病気
渡航先、活動内容によって注意しなければいけない病気
その他

●:感染する機会が多いので十分に注意
○:感染する機会は少ないが注意が必要
△:動物と接触する機会の多い場合には十分に注意

●:よくみられる症状
○:ときにみられる症状

予防接種は、渡航期間、地域、活動内容により
医師と相談の上考慮する。
上記表のとおり、渡航先(国および地域)や活動内容によって、感染の可能性は大きく異なりますが、主な感染経路は次のとおりです。
3. その他の情報
戻る →