和歌山市感染症情報センター

Wakayama City Infectious Disease Surveilance Center
(R4年4月)

ヒトパピローマウイルス感染症予防接種のキャッチアップ接種について

 ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種(HPVワクチン)については、平成25年4月に予防接種法に基づく定期接種となった直後に、予防接種後にワクチンとの因果関係が明確ではないものの、重い副反応が疑われる報告があり、平成25年6月14日から国の通知を受け積極的な勧奨を差し控えていました。
 今回、HPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められたため、令和4年4月から積極的勧奨が再開となりました。そこで、積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃してしまった方に対して公平な接種機会を確保する観点から、令和4年4月から令和7年3月までの3年間、公費(無料)で接種できる機会が設けられました。 接種期間 令和4年4月1日から令和7年3月31日まで 接種期間 次の2つを満たす方
[1] 令和4年度:平成9年4月2日〜平成18年4月1日生まれの女性
  令和5年度:平成9年4月2日〜平成19年4月1日生まれの女性
  令和6年度:平成9年4月2日〜平成20年4月1日生まれの女性
[2] 過去にHPVワクチンの接種を合計3回受けていない 病気の説明 子宮頸がんって?  
子宮頸がんは、発がん性のヒトパピローマウイルス(HPV)に感染し数年〜数十年後に前がん病変を経て、発症すると考えられています。HPVワクチン(2価・4価)は、子宮頸がんの原因の50〜70%を占める2つのタイプ(HPV16型と18型)のウイルスの感染を防ぎます。  
ワクチンで感染を防げないタイプのウイルスがありますので、接種後は定期的な子宮頸がん検診の受診が必要です。 接種スケジュール 公費で受けられるワクチンは2種類(サーバリックス® (2価)・ガーダシル® (4価))あります。
どちらも子宮頸がんに関与している16型・18型を含むワクチンです。
どちらを接種するかは、接種する医療機関に相談してください。
※現在、シルガード®9(9価)は公費接種の対象ではありません。

全く受けていない方
回数:3回 ワクチンによって接種間隔が異なります。
十分な抗体価(免疫)を得るためには、6か月かけて3回接種することが必要です。
いずれかのワクチンを選択し、同じワクチンを続けて3回接種してください。
【標準接種スケジュール】
接種ワクチン(商品名) 1回目 2回目 3回目
HPV2価ワクチン(サーバリックス) 初回接種 初回から1か月後接種 初回から6か月後に接種
HPV4価ワクチン(ガーダシル) 初回接種 初回から2か月後に接種 初回から6か月後に接種
すでに接種を受けたことがある方
定期接種または任意接種(自費)で、
・1回接種したことがある:残り2回
・2回接種したことがある:残り1回
原則同じワクチンで残りの回数を接種します。
ワクチンと副反応 医師と相談していずれかのワクチンを選んでください。
【HPV2価ワクチン「サーバリックス」】
子宮頸がんおよびその前がん病変の発症に関係しているHPVのうち、HPV16型、HPV18型の感染を予防するワクチンです。
主な副反応:注射部位の痛み、赤み、腫れ、疲労感、かゆみ、腹痛、筋肉の痛み、関節の痛み、じんましん、めまい、発熱、注射部位のピリピリ感、ムズムズ感、感覚鈍麻、全身の脱力、手足の痛み、失神などです。
重い副反応としてまれにアナフィラキシー様症状(血管浮種、じんましん、呼吸困難など)があらわれることがあります
【HPV4価ワクチン「ガーダシル」】
子宮頸がんおよびその前がん病変、外陰上皮内腫瘍、尖圭コンジローマなどの発症に関係しているHPVのうち、HPV6、11、16、18型の感染を予防するワクチンです。
主な副反応:注射部位の痛み、赤み、腫れ、かゆみ、出血、不快感、頭痛、発熱、注射部位のしこり、手足の痛み、筋肉が硬くなる、下痢、腹痛、疲労、倦怠感、失神、などです。
重い副反応としてまれにアナフィラキシー様症状(血管浮種、じんましん、呼吸困難など)があらわれることがあります。

※HPV9価ワクチン「シルガード」については、現在、定期予防接種の対象になっていません。


キャッチアップ接種については、厚生労働省作成のリーフレットをお読みいただき、ワクチンの効果・リスクについてご理解いただいたうえで、接種をお受けください。
厚生労働省のホームページもご参照ください。
ヒトパピローマウイルス感染症〜子宮頸がん(子宮けいがん)とHPVワクチン〜(厚生労働省) 受けるにはどうしたらいいの? 市内の実施医療機関に必ず予約の上、本人確認書類(健康保険証など)と母子健康手帳または接種済証を持って受診してください。
予診票は、市内の実施医療機関にありますので、ご利用ください。料金は無料です。  
母子健康手帳や接種済証を紛失等のため、接種記録を確認できない方は、保健所にお問い合わせ ください。 実施医療機関
※予防接種を受ける際は、本人の同意(署名)で接種を受けることができます。 和歌山市外で接種を希望される場合 ※和歌山県内での予防接種を希望される方へ 〜かかりつけ医が市外にある場合など〜
和歌山県の広域化制度を使って市外の医療機関で接種できる場合があります。この場合、予診票は県内の医療機関にはありませんので、事前に保健所までご連絡ください。

※和歌山県外での予防接種を希望される方へ 〜かかりつけ医が県外にある場合など〜   
こちらをご覧ください

自費で接種を受けた方への払い戻しについて 現在、検討中です。こちらをご覧ください 子宮頸がん検診について ワクチンでは防げないHPVもあるため、子宮頸がん検診を定期的に受診することが大切です。
和歌山市では職場等で検診を受ける機会がない方に、がん検診を実施しています。
子宮頸がん検診についてはこちら
お問い合わせ
 和歌山市保健所 保健対策課 感染予防対策グループ TEL 073-488-5118 / FAX 073-431-9980
戻る →