和歌山市感染症情報センター

Wakayama City Infectious Disease Surveilance Center

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種(子宮頸がん予防ワクチン)後に症状が生じた方に対する相談窓口について
ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種(子宮頸がん予防ワクチン)後に症状が生じた方に対する相談窓口を設置しました。

詳細についてはこちら

「子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進事業」に基づく接種に係る医薬品副作用被害救済制度の請求期限について

 和歌山市が実施した子宮頸がん予防ワクチン・ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチンの接種を平成25年3月31日までに受けた方へお知らせ

 ワクチン接種後に何らかの症状が生じ、医療機関を受診した方は、接種との関連性が認定されると、医療費・医療手当が支給される場合があります。
 認定を受けるためには、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)に請求する必要がありますが、支給対象となるのは、請求した日から遡って5年以内に受けた医療に限られています。
 具体的な請求方法、必要書類、請求書類の様式やその記載方法等については、以下のPMDAの相談窓口にお問い合わせください。

【相談窓口】
 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 救済制度 相談窓口  0120-149-931(フリーダイヤル)
 ※IP 電話等の方でフリーダイヤルが御利用になれない場合は、03-3506-9411(有料)を御利用ください。
 <受付時間>
  月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)午前9時から午後5時

子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨差し控えについて
■ 子宮頸がん予防ワクチン(子宮頸がんワクチン)接種についてのご案内
平成25年4月1日から、「予防接種法」の改正により、子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス感染症ワクチン)が定期の予防接種の対象となりましたが、平成25年度第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会(6月14日開催)において、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が本ワクチンの接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではない、とされました。

和歌山市ではこの勧告をうけて、平成25年6月14日より子宮頸がん予防ワクチンの積極的な勧奨を控えています。現在も厚生科学審議会で検討されていますが、まだ結論には至っていません。
接種を希望される方は、有効性とリスクを理解した上で受けてください。
詳しくは、下の厚生労働省作成リーフレットをご覧ください。

子宮頸がん予防ワクチンリーフレット

子宮頸がん予防ワクチンを受ける方へのリーフレット(平成26年7月)

子宮頸がん予防ワクチンを接種するお子様の保護者の方へのリーフレット(平成26年7月)



子宮頸がん予防接種後の症状に関する相談について
平成23年4月から和歌山市が実施している子宮頸がん予防ワクチンの接種を受け、現在、持続的な痛み(筋肉痛、関節痛、皮膚の痛み、頭痛など)やしびれ、脱力、手足の不随意運動など、何らかの症状がある場合は、和歌山市保健所保健対策課感染予防対策班までご相談ください。

問い合わせ先:和歌山市保健所 保健対策課 感染予防対策班 рS88−5118

厚生労働省の相談窓口はこちら

平成25年4月1日から子宮頸がん予防ワクチンが定期の予防接種(無料)となりました

(ヒトパピローマウイルスワクチン)

病気の説明
子宮頸がんって?
 子宮頸がんは、発がん性のヒトパピローマウイルス(HPV)に感染し数年〜数十年後に前がん病変を経て、子宮頸がんを発症すると考えられています。子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がん全体の60〜70%の予防に効果的だといわれていますが、接種後は定期的な子宮頸がん検診の受診が必要です。
ワクチンと副反応
子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルスワクチン)は2種類あります。
医師と相談していずれかのワクチンを選んでください。
【HPV2価ワクチン「サーバリックス」】
子宮頸がんおよびその前がん病変の発症に関係しているHPVのうち、HPV16型、HPV18型の感染を予防するワクチンです。
主な副反応:かゆみ、注射部位の痛み、赤み、腫れ、胃腸症状、筋肉の痛み、関節の痛み、頭痛、疲労、発疹、じんましん、注射部位のしこり、めまい、発熱、上気道感染、注射部位のピリピリ感、ムズムズ感、感覚鈍麻などです。
重い副反応としてまれにアナフィラキシー様症状(血管浮種、じんましん、呼吸困難など)があらわれることがあります
【HPV4価ワクチン「ガーダシル」】
子宮頸がんおよびその前がん病変、外陰上皮内腫瘍、尖圭コンジローマなどの発症に関係しているHPVのうち、HPV6、11、16、18型の感染を予防するワクチンです。
主な副反応:注射部位の痛み、赤み、腫れ、発熱、かゆみ、出血、不快感、頭痛、注射部位のしこり、手足の痛み、筋肉が硬くなる、下痢、腹痛、白血球数増加、失神、血管迷走神経発作(息苦しい、息切れ、動悸、気を失うなど)
重い副反応としてまれにアナフィラキシー様症状(血管浮種、じんましん、呼吸困難など)があらわれることがあります。
ワクチンを受ける時期
小学6年生〜高校1年生年齢相当女子(平成10年4月2日〜平成15年4月1日生まれの女子)
標準的接種年齢は中学1年生です。

回数:3回 ワクチンによって接種間隔が異なります。
十分な抗体価(免疫)を得るためには、6か月かけて3回接種することが必要です。
いずれかのワクチンを選択し、同じワクチンを続けて3回接種してください。
接種ワクチン(商品名) 1回目 2回目 3回目
HPV2価ワクチン(サーバリックス) 初回接種 初回から1か月後接種 初回から6か月後に接種
HPV4価ワクチン(ガーダシル) 初回接種 初回から2か月後に接種 初回から6か月後に接種

受け方
医療機関によっては、予約が必要な場合があります。医療機関にお電話などで予約・連絡後に受診してください。
持って行く物:母子健康手帳・予診票(家で記入しておきましょう)
中学1年生の方には予診票をお渡ししています。
それ以外の対象の方は医療機関に予診票がありますので、そちらをご利用ください。

※予防接種を受ける際は、保護者の同伴が必要になります。
ただし、接種を受けようとする者が13歳以上の場合は、接種の注意事項をよくお読みの上保護者の署名 があれば同伴なしでも接種可能となります。署名がなければ予防接種は受けられません。
実施医療機関
予防接種を受ける前の一般的注意事項
他の予防接種との間隔
麻しん風しん、水痘、おたふくかぜなどの接種後は4週(27日)以上あけてください。
日本脳炎、インフルエンザ、二種混合、などの接種後は1週間(6日)以上あけてください。
戻る →