和歌山市感染症情報センター

Wakayama City Infectious Disease Surveilance Center

保健所での事前手続きが必要です。
*事前手続きなく抗体検査を受けた場合は、助成を受けられませんので、ご注意ください。

【対象者】
和歌山市に住民票がある方で、[1]又は[2]に該当する方(ただし、A〜Dに該当する場合を除く。)
[1] 妊娠を希望している女性の配偶者等
[2]抗体検査の結果が低抗体である妊婦の配偶者等
いずれも、事実上婚姻関係にある者を含み、同居していることが前提です。

A 平成25年度以降に費用助成で抗体検査・予防接種を受けた方
B 過去に風しん抗体検査を受けたことがある方
C 明らかに風しんの予防接種歴がある方
D 検査で確定診断を受けた風しんの既往歴がある方
フローチャート図はこちら

【事前手続き】
上記対象者が、風しん抗体検査をご希望される場合、事前手続きが必要です。事前手続きは、和歌山市保健所感染予防対策班にお越しいただくか、郵送のどちらかの方法があります。それぞれに必要な書類は次の表とおりです。
  妊娠を希望している女性の配偶者等 抗体検査の結果が低抗体である妊婦の配偶者等

窓口にお越しいただく場合の必要書類

・本人確認書類(運転免許証又は保険証)

・事実上婚姻関係にある場合は、同居していることを証明するもの

・本人確認書類(運転免許証又は保険証)
・出産予定のお子様の母子健康手帳
・妊婦の低抗体(HI法16倍以下、EIA法8.0未満)の結果

・事実上婚姻関係にある場合は、同居していることを証明するもの
郵送の場合の必要書類

・申請書
申請書の様式は下記に掲載しています。
・本人確認書類(運転免許証又は保険証)の写し
・事実上婚姻関係にある場合は、同居していることを証明するもの

・返信用封筒(82円切手を貼り、あて先を記載してください。)

・申請書
申請書の様式は下記に掲載しています。
・本人確認書類(運転免許証又は保険証)の写し
・出産予定のお子様の母子健康手帳の1ページ目(子の保護者記載のページ)の写し

必ず、保護者の欄(氏名及び住所)をご記入ください。記入がない場合には、予診票等をお渡しできません。
・妊婦の低抗体(HI法16倍以下、EIA法8.0未満)の結果の写し
・事実上婚姻関係にある場合は、同居していることを証明するもの ・返信用封筒(82円切手を貼り、あて先を記載してください。)
申請書(妊娠を希望している女性の配偶者等)はこちら 申請書(妊婦の配偶者等)はこちら

風しん予防接種
抗体検査の結果、風しんに対する抗体(免疫)が不十分な場合、予防接種を受けることをお勧めします。 今回、妊婦さんを風しんから守るために、風しんの配偶者等(上記対象者A)で抗体が低い方を対象に予防接種費用の一部を助成します。

【対象者】
和歌山市に住民票があり、抗体検査の結果が低抗体である妊婦の配偶者等(事実上婚姻関係にある者を含む。)
ただし、平成25年度以降費用助成を受けて予防接種した者は除く。

【費用】4,600円を医療機関窓口でお支払いください。

【接種日に医療機関に持参するもの】本人確認書類、「和歌山市抗体検査結果票」
「和歌山市抗体検査結果票」がない場合、予防接種費用は全額自己負担になります。忘れずご持参し、接種を受ける医療機関に必ずご提出ください。

戻る →