和歌山市感染症情報センター

Wakayama City Infectious Disease Surveilance Center

病気の説明
麻疹(はしか)
麻しんは「麻しんウィルス」によって引き起こされる病気で、感染の約10日後に、38℃程度の発熱やかぜ症状がはじまり、2〜3日発熱が続いたあと(カタル期)、再び39℃以上の高熱とともに発しんが出現します(発疹期)。時には脳炎を発症するなど重症になることもあります。また、麻しんの感染により、全身の免疫力が低下するため、他の細菌などに感染しやすくなります。このため、肺炎や中耳炎などを合併することもあります。妊娠している方は流産や早産の原因ともなります。

風しん
風しんウイルスの飛沫感染によって起こります。潜伏期間は2〜3週間です。軽い風邪症状ではじまり、発疹、発熱、後頸部リンパ節腫脹などが主症状です。発疹も熱も約3日間で治るので「三日ばしか」と呼ばれることもあります。合併症として、関節痛、血小板減少性紫斑病、脳炎などがあります。
妊婦が妊娠早期にかかると、先天性風疹症候群と呼ばれる病気により心臓病、白内障、聴力障害などの障害を持った児が生まれる可能性が高くなります。
ワクチンと副反応
麻しん風しん二種混合ワクチン(MR)、麻しんワクチン(M)、風しんワクチン(R)(生ワクチン)
麻しん及び風しんの予防接種を同時に行う場合は、麻しんウイルス及び風しんウイルスを弱毒化してつくった乾燥弱毒性麻しん風しん混合ワクチン(MR)を使用します。麻しんまたは風しんにかかった方も、混合ワクチンを接種することができます。
MRワクチンの副反応の主なものは、発熱と発疹です。他の副反応として、注射部位の発赤、腫脹(はれ)、硬結(しこり)などの局所反応、じんましん、リンパ節腫脹、関節痛、熱性けいれんなどがみられます。
これまでの麻しんワクチン、風しんワクチンの副反応のデータから、アナフィラキシー血小板減少性紫斑病、脳炎、けいれんなどの副反応が、まれに生じる可能性もあります。
また、麻しんワクチンを接種した場合、発熱に伴う熱性けいれん(約300人に1人)をきたすことがあります。その他、ごくまれに脳炎・脳症(100万〜150万人に1人以下)の報告があります。
ワクチンを受ける時期
1期 1歳から2歳の間(1歳になったらできるだけ早く)
2期 小学校就学前の1年間(幼稚園、保育園の年長児)
※ 中学1年生相当の1年間、高校1年生相当の1年間の方に行っていた予防接種は平成24年度で終了しました。
受け方
医療機関によっては、予約が必要な場合があります。医療機関にお電話などで予約・連絡後に受診してください。
持って行く物:母子健康手帳・予診票(家で記入しておきましょう。)

実施医療機関一覧(麻しん・風しん)

予防接種を受ける前の一般的注意事項
他の予防接種との間隔
BCG、水痘、おたふくかぜ、などの接種後は、4週間(27日)以上あけてください。
不活化ポリオ、日本脳炎、インフルエンザ、ヒブ、小児用肺炎球菌ワクチン、B型肝炎、インフルエンザなどの接種後は、一週間(6日)以上あけてください。

MR(麻しん・風しん混合)ワクチンの自主回収について

北里第一三共ワクチン株式会社が製造したMRワクチン・麻しんワクチンの力価(効き目)が、承認規格を下回る可能性があるため自主回収されました。

【回収対象となっているワクチンの製造番号(ロット番号)とその接種期間】
製造番号 承認規格を満たしていたことが確認できない接種期間
HF053A 平成27年5月3日〜9月2日
HF054A 平成27年5月5日〜9月4日
HF055A 平成27年1月8日〜10月7日
※接種されたワクチンの製造番号と接種日は、母子健康手帳の予防接種の記録のページで確認できます。

 なお、回収されたワクチンについては、承認規格は下回っているものの、十分な有効性は示されており、安全性についても特段の懸念は生じないとされています。

 しかし、回収対象となっているワクチンを、承認規格を満たしていたことが確認できない期間に接種している方で、ワクチンの有効性に不安を感じられる方は、抗体検査を無料で受けていただくこともできますので、接種を受けた医療機関又は和歌山市保健所保健対策課(073−488−5118)までお問い合わせください。

厚生労働省

北里第一三共ワクチン株式会社


(財)予防接種リサーチセンター 「予防接種ガイドライン2013年度版」より転載(一部改変)
戻る →