和歌山市感染症情報センター

Wakayama City Infectious Disease Surveilance Center

■令和2年8月1日以降に生まれた方■
ロタウイルス予防接種が、令和2年10月1日から定期の予防接種となります。

注意:令和2年9月30日以前に接種されたものについては、定期接種となりません。

病気の説明
ワクチンと副反応
<ワクチンについて>
・2種類のワクチンがあり、同様の効果があります。
 ロタテック  「5価経口弱毒生ロタウイルスワクチン」(5価),3回接種
 ロタリックス 「経口弱毒生ヒトロタウイルスワクチン」(1価),2回接種

<副反応について>
・接種後1〜2週間は「腸重積症」に注意しましょう。  
 腸重積症は、腸の一部が隣接する腸管にはまり込む病気です。腸の血流が悪くなることで腸の組織に障害を起こすことがあるため、速やかな治療が必要です。ワクチン接種から1〜2週間くらいまでの間には、腸重積症のリスクが通常より高まると報告されています。
 腸重積症の症状としては   
  突然はげしく泣く  
  泣いたり不機嫌になったりを繰り返す  
  おう吐を繰り返す 
  ぐったりして顔色が悪くなる    
  血便が出る   などがあります。
 接種後に、これらの症状が1つでもみられた場合は、速やかに受診してください。
 腸重積症はロタウイルスワクチンの接種にかかわらず乳幼児がかかることのある病気で、まれな病気ではありません。
・接種後極めてまれにアナフィラキシー症状(ワクチンへのアレルギーによる発疹、呼吸困難など)が起こる可能性があります。
ワクチンを受ける時期・接種回数
種類 接種期間 回数 接種間隔
ロタリックス 出生6週0日後から出生24週0日後まで 2回 4週間以上
ロタテック 出生6週0日後から出生32週0日後まで 3回 4週間以上

※初回接種の標準接種期間は、生後2か月〜出生14週6日後まで。
・出生14週6日後までに初回の接種をうけましょう。
初回接種を生後2月から出生14週6日後までに行います(出生6週0日後から接種できます)。初回接種を生後15週以降に受けることはおすすめしていません。2回目以降の接種は27日以上の間隔をあけて行います。

※次に該当する方は接種できません。
・過去に腸重積症をおこした方
・未治療の先天的な消化管障害のある方
・重症複合型免疫不全(SCID)の所見がある方

受け方
市内実施医療機関に予約のうえ、予診票(※)と母子健康手帳を持参し受診してください。
(※)対象者には、生後2か月ごろまでに「ロタウイルス予防接種のお知らせ」の封書を郵送で住民票のある住所に送付します。

実施医療機関はこちら
予防接種を受ける前の一般的注意事項
他の予防接種との間隔 (令和2年10月1日から変更されました)
注射の生ワクチン間のみ、4週間(27日)以上あけてください。
(注射生ワクチン:BCG、麻しん風しん、水痘、おたふくかぜなど)
その他のワクチンについては、接種間隔がなくなりました。
ただし、同一ワクチンを複数回接種する際の接種間隔は従来どおりです。
お問い合わせ先:和歌山市保健所保健対策課 感染予防対策グループ рS88−5118
戻る →