和歌山市感染症情報センター

Wakayama City Infectious Disease Surveilance Center
昨年H26(2014)、デング熱に国内で感染した患者が約70年ぶりに報告されました。 和歌山市ではデング熱等蚊媒介感染症のまん延防止のために、発生時のみならず平常時からの対策を行っています。そのひとつとして、デング熱を媒介する蚊の発生状況など蚊のサーベイランス(調査監視)を行っています。
現在、和歌山市内で感染する可能性は極めて低いですが、屋外の蚊が多くいる場所で活動する場合は、でぎるだけ肌を露出せず、虫よけ剤を使用するなど、蚊にさされないよう注意しましょう。また、媒介蚊は空き缶に溜まった雨水など、小さな水溜りに好んで卵を産み付けます。住まいの周囲の水溜りをなくす事で、今シーズンや翌年に発生する蚊の数を減らすことができます。
デングウイルスが感染しておこる急性の熱性感染症で、発熱、頭痛、筋肉痛や皮膚の発疹などが主な症状です。
デングウイルスに感染した患者を蚊が吸血すると、蚊の体内でウイルスが増殖し、その蚊が他のヒトに吸血することでウイルスが感染します(蚊媒介性)。ヒトからヒトに直接感染するような病気ではありません。
デング熱は、体内からウイルスが消失すると症状が消失する、予後は比較的良好な感染症です。また、感染しても発症しないことも多くみられます。しかし、希に患者の一部に出血症状を発症することがあり、その場合は適切な治療がなされないと、致死性の病気になります。
デング熱の主たる媒介蚊はネッタイシマカです。日本にはネッタイシマカは常在していませんが、媒介能力があるヒトスジシマカは日本のほとんどの地域(青森県以南)に生息しています。このことから、仮に流行地でウイルスに感染した発症期の人(日本人帰国者ないしは外国人旅行者)が国内で蚊にさされ、その蚊がたまたま他者を吸血した場合に、感染する可能性は低いながらもあり得ます。
ただし、仮にそのようなことが起きたとしても、その蚊は冬を越えて生息できず、また卵を介してウイルスが次世代の蚊に伝わることも報告されたことがないため、限定された場所での一過性の感染と考えられます。
なお、ヒトスジシマカは、日中、屋外での活動性が高く、活動範囲は50〜100メートル程度です。国内の活動時期は概ね5月中旬〜10月下旬頃までです。
流行地にでかける際は、蚊に刺されないように注意しましょう。長袖、長ズボンの着用が推奨されます。また蚊の忌避剤なども現地では利用されています。 デング熱に有効なワクチンはありません。

熱帯や亜熱帯の全域で流行しており、東南アジア、南アジア、中南米で患者の報告が多く、その他、アフリカ、オーストラリア、南太平洋の島でも発生があります。最も日本に近い流行地は台湾です。海外の流行地で感染し帰国した症例が近年では全国で毎年200名前後、和歌山市内では2014年に1名、2013年に3名、2012年に1名報告されています。日本国内で感染した症例は、過去60年以上報告されていませんでしたが、2013年には、ドイツ人渡航者が日本で感染したと疑われる症例が報告され、また、2014年8月以降、東京都立代々木公園に関連する患者の発生が報告されています。
すべての蚊がデングウイルスを保有している訳ではないので、蚊にさされたことだけで過分に心配する必要はありません。
ご心配な場合は、流行地から帰国された際に、空港等の検疫所でご相談ください。また、帰国後や国内での感染が心配な場合は、保健所にご相談ください。
なお、発熱などの症状がある場合には、医療機関を受診ください。
厚生労働省(デング熱)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/dengue_fever.html
戻る →